プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

小暮写真館・・・宮部みゆき・・P713 講談社

新刊と言う事で予約、楽しみに待っていてやっと順番が来た。
渡されたこの本の厚さに驚いた。ずっしりと重い、あつさ4.5センチ。
内容を全く知らなかったので、どんな内容なのか、読み切れるのかな?と読み始める前に迷ってしまうほど。

装丁の電車に菜の花畑、物語の最後に意味がわかる。
――いつまでも停まっているんじゃんないよ。駅は長居する場所じゃない。走り出せ花菱栄一。
・・・今はまだ見えないどこかに向かって走ろう。そこにはきっと菜の花が・・―-―

最後には爽やかな春風を感じるお話です。(これから読み方の為にあらすじ系は無しで)
1年半をかけて書きあげたと言う見事な作品です。
スポンサーサイト

月の街 山の街・・・イ・チョルファン著 草なぎ剛訳・・P189 ワニブックス

SMAPの草なぎ剛さんの初翻訳本で、草なぎさんの大ファンのネットの読書好きのお仲間から教えていただきました。
月の街山の街とは、韓国の貧民街の事だそう。そこに住む何も物質的には貧しいけれど、心に愛を持つ人々が織りなす、ささやかだけれども幸せを運ぶ実話集だそう。

土曜日は灰色の馬・・・恩田陸・・P262 品文社

図書館の新刊コーナーで見つけて、恩田さんの新しい小説かなと、何の知識も無くお借りしたら、
ブラッドベリにビートルズ、松本清張や三島由紀夫まで、恩田さんが大好きな本・映画・マンガなどの感想や、
思い入れを綴ったエッセイ集でした。

1人分の得意トースタークッキン・・・葛恵子・・P79 講談社

神様のカルテ・・・夏川草介・・P205 小学館

勝手にふるえてろ・・・綿矢りさ・・P162 文芸春秋

四十九日のレシピ・・・伊吹有喜・P262 ポプラ社

 | HOME |  ▲ page top