プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

三姉妹探偵団・・・赤川次郎・・P285 講談社文庫

三姉妹探偵団のシリーズを6巻までネットのお友達が送って下さった。

これは四姉妹として最近ドラマ化もされてる。三姉妹、清く貧しく美しく 三姉妹探偵団21 まで出ているようだ。
どんどん探偵として成長していく様子が描かれてるのかな?

佐々木家の三姉妹、長女綾子・・大学生。低血圧で天然ボケ気味。
次女夕里子・・高校生。早くに亡くなった母親代わりのしっかり者。怒ると母親にそっくり。
三女珠美・・中学生。金銭感覚抜群のちゃっかり者。

そんな三姉妹に降りかかる事件を夕理子の彼となりたい、国友刑事が解決していくストーリー。

ある日三姉妹の家が火事になり、そこから、女性の死体が発見される。しかも父親佐々本周平は出張中。
父と連絡がつかず、父親が犯人?ところが、父は休暇届けを出していたという。でも筆跡が違うと言う事が判明。
父はいったいどこに?犯人は?それぞれの個性が光り、解決をしていく。
スポンサーサイト

天井桟敷の貴婦人・・・吉村達也・・P215

「朝比奈耕作の事件簿」

天井桟敷とは時々耳にしていたけど、初めてその意味を知った。

「劇場において、最後方・最上階の天井に近い場所にある観客席のこと。舞台から遠い位置にあるため、通常は劇場内で最も安い席となる。そのため常連客が集うことが多い」

一度だけ、もちろん貴婦人じゃないけど、かなり昔、いとこが連れて行ってくれた、宝塚大劇場で宝塚歌劇団の観劇。席を案内されたら、お~~と驚く、本当に頭の上に天井が迫る3階の一番後ろの席。
椅子自体も落ちそうな位の角度でびっくりした事が懐かしい。でもさすがは宝塚、ちゃんと楽しみ事は出来た。

ジャンルは問わずに、現れる、天井桟敷に座る、きらびやかに着飾った女性。何やらつぶやき、観終われば、すっと帰る。それが、会場関係者の中で話題になっていた頃、その姿で自殺?してる姿が発見される。
目撃者もいて、飛び降り自殺と思われた。朝比奈耕作のもとに、以前から貴婦人こと白鳥美鳥、その姉真波から妹について相談を受けていて、この日も呼び出される。
色々な面で推理小説家としての推理が働き・・・真実を暴こうとして行くと・・・・
 | HOME |  ▲ page top