プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

樹海・・・吉村達也・・P371 角川ホラー文庫

ホラー小説、ホラー文庫というのを始めて知った。是非と薦められてお借りした。手にとって、不思議な表紙にまず興味がわく。これは著者が意図した装丁だそうで、蓄光になっていて、夜読み終えて電気を消すと、表紙0の文字が浮かんでくる。「0」は文章内でもキーワードとなる。

樹海はもちろん青木が原樹海、主人公村本ルイが時々見る嫌な夢、森の中をさまよい、でも何かがそこで夢をさえぎる。やがて現れる老婆・・
ルイは知らなかったが、夢で聞いている老婆の話を、現実にはルイが話している、まるで老婆のような声で。

ルイの心の奥底にしまわれた何かが原因で、苦しむ姿を見て、ルイの友人とルイの彼と3人で、彼の姉の助言を貰いつつ、樹海に真実を探しに出かける。

何が過去にあったのだろう・・真実が明らかになると・・

途中、どうしても読めない描写があったけど、他は小説として読む事は出来た。これが実写となったらきっと私は怖くて観られないと思う。自分の頭の中で観る方が、案外ホラーは読みやすいかもしれない。
スポンサーサイト

僕の行く道・・・新堂冬樹・・P260 双葉社

是非とオススメされた本だったので楽しみに読み始めた。

表紙には赤い帽子をかぶり、リュックを背負った男の子の後姿、その後を猫が追いかける、小さい子が描いたのかな?と思う可愛いお花の絵の中を進んで行くような優しい絵。

おかあさんはどうして外国に行ったの?

父親からお母さんはパリにファッションデザイナーの勉強の為に、しばらく行って帰れないと聞いている、小学3年生の大志君は、毎週土曜日に母親から届くエアメールを楽しみにしながら・・・会いたい思いを募らせる。

偶然見つけた写真から・・母親はきっとここにいると確信して、お父さんや皆に内緒で大好きな猫のミュウと会いに出掛ける。それは大好きな上級生の俊也兄ちゃんだけが知っている秘密の旅。

読んでいくと、先が見えてしまっているようで、とてもせつない思いで読み続ける。困難の連続だっけれど、沢山の助けと、同じ分だけ生きる希望をあげて、大志君の旅は続く。

意外な展開に言葉がなかった。子供には残酷過ぎるなと思ったけれど、でもそれを受け止める、大志君は、旅を通して優しさ、逞しさも備わったのだろう。大好きなコスモスのような綺麗な心の大志君がいとおしくなる。
 | HOME |  ▲ page top