プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

貴婦人Aの蘇生・・・小川洋子・・P230 朝日新聞社

博士の愛した数式を書かれた著者の作品。
ふと思い出して・・図書館に数冊ある中から選んだ。

ユーリ伯母さんの姪が主人公、彼女からの視点で書かれている。
謎めいた伯母は、自分の持ち物に、つながりが見つからないAと言う文字を飾り文字に蔓バラの刺繍で飾る、針が刺さるものなら全てに刺繍をしている。

彼女の伯父は事業で成功を収め、郊外の湖のほとりに大きな家を建てて、工場経営に励む傍ら、動物の収集を始める。生きているものではなく、剥製、毛皮、牙、角など・・・
どんどんどの数は増えて広い家を埋め尽くしていく。

そんなある日伯父51歳の時は、18歳も年上の亡命ロシア人としか分らない、伯父さんがレストランで食事した時ズボンにこぼしたスープを優しく拭いてくれたからとの馴れ初めのユーリ伯母さんと結婚した。

そんな伯父さんはある日、楽しみにしていた北極グマが届いて持ち上げようとした時心筋梗塞を起こして亡くなる。クマの口に頭を突っ込んだ形で・・・

それから伯母さんのそれら剥製類にあのAと言う刺繍を施し始める。高価なものにとっては、傷になって価値のないものになってしまう事などお構い無しに。

それを聞きつけたフリーライターを名乗るオハラが現れる。彼女の恋人でもあるニコ(強迫性障害を患っている)と伯母さんで何とか対応して・・・

伯母さんが語りだす、自分はロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世の娘アナスタシアと・・・真相は最期まで分らなかったけれど。
突飛な出来事が次々と起こり楽しく読むことが出来た。

アナスタシア・・・ロシア語で蘇生と言う意味だそうだ。
スポンサーサイト

虹を操る少年・・・東野圭吾・・P281 実業之日本社

引き続き東野圭吾氏の作品。

きっと現代にかけてる何かを訴えたい、そんなメッセージが込められてる気がする。
ストレスの多い社会、子供達も何かを求めている。
それが、この小説では主人公光瑠(みつる)が考え出した光の芸術、光楽コンサート、それによって若者は心が安らぎ、また明日への活力となる。
しかし・・コンサートに間が空くようになると、段々子供達には禁断症状に似たものは発生する。落ち着きがない、無気力、などなど・・
それをみている親達も子供の変化に焦りを感じる。
それを逆手に取る集団が現れて・・

ありえないけど、きっと現代の若者なら・・みんなと同じ!そう飛びついてしまうかもしれない。誘惑に勝てるか?少し怖い気もした。

容疑者Xの献身・・・東野圭吾・・P352 文藝春秋

HPのお仲間に教えていただいた1冊。その直後直木賞受賞作品となって、図書館で予約を入れたらすごい人数待ちに、楽しみに待っていた。

何気ない日常が壊れる日・・それは母娘2人のつつましい暮らしに訪れた。
そうするしかなかった、そうじゃなければどうなっていたか。
騒ぎを聞きつけた・・隣の部屋の住人がやってきて。

彼は母親に淡い恋心を持っていた、それがそうさせたのか、もっと違う理由?それからが容疑者Xの献身としての始まり。

学生時代の友人、その友人の警察官・・色々を人物を絡ませて話が進む。

献身は結局・・裁かれなくてはならないものも裁かれるようになって終わる。シナリオが崩れたけれど、それが一番じゃないかなと思う。彼の悲痛な叫び・・果たせなかった事の後悔?それとも?

溺れる人魚・・・島田荘司・・P182 原書房

新刊コーナーで以前何度か読んだことがある著者の本を見つけたので、
今度はどんなストーリーなんだろう?と楽しみにお借りしてきた。

ところが、内容がなかなか理解できず・・先に進まず・・久々のギブアップ。溺れる人魚と人魚兵器の2編を読んでひとまず終わりにした。
なかなか理解が難しい症状に置かれてしまった、元オリンピックメダリスト、ポルトガルでの4つ目の金メダルを獲得した輝かしい過去・・・
美貌に富んでいて、憧れの女性がなぜ?
創作なのだろうか・・・ちょっと厳しかった。
途中でリタイヤは嫌だったけれど・・仕方ない。

てけれっつのぱ・・・蜂谷涼・・P271  柏艪舎 

新刊コーナーで見つけた一冊。

明治時代前期・・近代文化の夜明けの時代だけれど、まだ当時の人たちは・・旧い時代を少しずつ引きずっている。

5つの話が目次として書かれていたので短編小説かなと思っていたら、それぞれに出てくる登場人物が少しずつ絡んでくる。

銀二に憧れを持っていた伊平、でもある日訳があったのか姿を消してしまった銀二に伊平は反対に憎しみを覚えるようになる。
蝦夷開拓のため、次々と内地を離れる登場人物たち。

またそこで新たな思惑が渦巻く。
やがて銀二を狙う伊平
伊平に気を立ち退きを迫られていた、きし屋(総菜屋)の三婆・・
一番年上の婆が叫んだ。
「万一死神が来たって、あたしが呪文を唱えて追っ払ってやりますよ。あじゃからくれもん、きゅうらいそ、てけれっつのぱ、って」
すばやく身をかわす銀二・・・

でも最後はホッと温かくなる文で〆られていた。
 | HOME |  ▲ page top