プロフィール

けい

  • Author:けい
  • 読書が大好き。
    今年は何ページ読めるか、挑戦です。

    荒らしのためコメントは承認後紹介させて頂きます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ようこそ・・


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

見てる、知ってる、考えてる・・・中島芭旺・・P125 サンマーク出版

依然テレビでこの作者の子を観たことがあった。
小学校に通わず自宅学習という方法を取っている。
この本も本を出す事を決意して、自らサンマーク出版の編集長のFacebookにメッセージを送ったそう。

本に書からている事は、改行やゴジの訂正以外手を加えていないとの事。
この感性は持って生まれたもの、親や自分で接した事が生きているのだろうか。
ずっと大事に育んでいってほしいと願う。
スポンサーサイト

倒れるときには前のめり・・・有川浩・・P344 KADOKAWA

新聞、雑誌等に掲載されたエッセイ(コラム)に、まとめるにあたり、今の思いが一言添えらている。

確かにと、学ぶ事も多い。
自分の考えでは及ばない事って多いと感じた。

ネコが元気をつれてくる・・・麻生圭子・・P221 PHP文庫

ネコのイラストにまず癒されて、ネコの行動を読んで元気をもらう。
じっくり読む時間がない時はエッセイがいい。

女の絶望・・・伊藤比呂美・・P225 光文社

「小説宝石」2007年5月号から2008年4月号に掲載された、
エッセイ?
そのベースには西日本新聞に連載していた、身の上相談「万事OK」があるそう。
身の上、身の下?伊藤比呂美さんへの質問だから、なるほど。
それに自身の体験、経験をもとに的確にアドバイス。
なかなか凄い方です^^;

空は、今日も、青いか?・・・石田衣良・・P217

石田衣良さん初めてのエッセイ集。
R25と言う若い世代向けの掲載誌なので、
勢い励ましのトーンが全面にでてしまったと、
あとがきで書かれている。今も様々な、ジャンルのTV番組に出演されている。
器用な方なのだと感じる。

閉経記・・・伊藤比呂美・・P201 中央公論社

良いおっぱい 悪いおっぱいで一世風靡した、著者。
自身の経験を赤裸々に綴るエッセイ集。
現在は再婚してアメリカ在住だそうで、
その環境をリアルに書き上げているので、
楽しく読む事ができた。
その昔、拒食症や鬱病にかかり苦労されたようだが、
今は人生を、謳歌されている。
ご両親についてら書かれている部分はホロリとしてしまう。

僕の死に方・・・金子哲雄・・P208 小学館

副題 エンディングダイアリー500日
2012年10月、「肺カルチノイド」という急性の難病により、41才という若さで急逝した流通ジャーナリスト、金子哲雄さん。

突然の余命の宣告、死の1ヶ月前から書き綴ったそう。
お痩せになったなと思っていたけど、ダイエットと言い訳されていたそう。
TVで観ていた金子さんからは思いもよらなかった壮絶な闘病生活。

そんな中で自分の最期への準備、そして会葬礼状、お墓まで準備していた。
人の命は計り知れない、50歳を超えた今、まわりでも病の為に若くして亡くなる方も増えてきた。
家族が戸惑わない為にも、少しずつ準備しなくちゃなぁと、たまに自分の写真を撮ってもらっては保存している。
少しずつ考えていきたい、改めて感じた。

涙が出るほどいい話・・・小さな親切運動本部・・P189 河出書房新社

「あのときは、ありがとう」 第八集
第八集で、涙が出るほどいい話が1000話に達したそう。
日常の些細な出来事、思いがけない事態に陥った時に差し伸べてくれた温かい手。
どのお話1つ1つ心に沁みます。

”あの日そのあと”風雲録・・・林真理子・・P260 文芸春秋

〔夜ふけのなわとび 2011〕
2011年1月13日号から2012年5月25日号の週刊文春に掲載されてたエッセイをまとめたもの

東日本大震災もあったので、それでの被災地支援なども報告されている。
幸せな結婚生活、美容整形、ダイエットなどなど聞いていたのだけれど、色々あるようですね。
真理子さんならではの辛口も健在。

かすていら・・・さだまさし・・P231 小学館

「僕と親父の一番長い日」

さださんのお父さんが入院されて亡くなられるまでの日々を綴る。
その間間にお父様のお人柄やエピソードが描かれ、それであんな楽しくて、素晴らしい方が息子として育っていったのかなと改めて感じた。
後半はさすがに涙が・・・
 | HOME |  » ▲ page top